読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱすりんblog

大宇宙ステージが上手いです。

ぱせりん日記 14

こんばんは。
今日は妙な夢を見ました。
高校生に戻って、温泉か何処かへ修学旅行へ行っているのですが、何故かチンコが丸出しなのです。

温泉に入っているから、とかそういう問題ではなく、常に丸出しなのです。
自分でもパンツを履かなければ…という思考には至っているのですが、何故かパンツを履くことはなく、またチンコが丸出しであることに誰も言及しませんでした。

チンコが丸出しのまま寝たからこういう夢を見たのか、とも思いましたが、起床したらちゃんとパンツもズボンも履いていました。

僕の心の奥深くにはチンコを丸出しにしたい欲求があるのでしょうか。




〜〜 今日のウンコ 〜〜

昨日の予想通り、今日はかなり難儀なウンコでした。
密度が低く、軟らかいウンコが断続的に出るので、気軽におならも出来ませんでした。
更に、お昼にニンニクを食べたのでおならが止まらず、厳しい戦況です。
皆さんも正しい食生活で健康なウンコを出しましょう





今日は「オタサーの姫」についてお話しします。
オタサーの姫(以下、姫)に関する研究は既に数多くのデータが世に出されており、また現在の多様化する姫像に関しても日記感覚で書ける量では到底ありません。
ですので、今日お話しするのは比較的浅い、且つ主観的な部分になります。専門的な知識をお持ちの方は軽く読み飛ばしていただければと思います。


最近の姫について、特に服装にフォーカスを当てる際、axes femmeという女性服ブランドが話題に上がる事が多いかと思います。
姫も様々なジャンルに存在し、一様にこれ、という定義付けはかなり難しくなってきていますが、最も多いものはやはりaxes femmeの様な「そういう感じ」の服装である印象を受けます。


話の途中ではありますが、お昼に食べた唐辛子が今まさにケツを刺激していてとても辛いです。激辛フードを食べる時必ずこれに襲われるのですが、いい加減僕のケツも慣れてくれないものでしょうか。


閑話休題
今でこそ大多数はそうした「一般に溶け込めなくはない感じ」の服装をするようになりましたが、一昔前はもっと刺激的な服装をしていたように感じます。
一昔前、およそ5,6年前でしょうか、の姫の服装は、どちらかと言えば所謂甘ロリ系、「一般に溶け込めてない感じ」の服装が多かったように思います。
僕が高校生の頃などは、フワッフワした服装の容姿が芳しくない女性が、田舎の中高生のような服装の容姿が芳しくない男性を大勢引き連れて街を歩いている光景をしばしば目にしたものです。


何故、このようなタイプの姫は減少したのでしょうか。

ひとつ立てられる予測に、「オタサーの姫」概念の広い浸透が挙げられます。


オールドタイプ姫が跋扈した当時は、「オタサーの姫」という言葉も無く、今のようにTwitterの様なオープンなSNSもそこまで普及していなかった為、個人個人・若しくは狭いグループにおいて、「ああそういうのいるよねw」という認識があるのみの状態でありました。


しかし、Twitterがナード層に広く普及し、また同時に「オタサーの姫」という言葉が生まれると、「フワッフワの服着たブスがキモい男大勢引き連れてる図」=「オタサーの姫」という図式が我々に概念として浸透しました。


これにより、「フワッフワの服着たブスにくっついてるキモい男」の何割かも、これは自分達の事だな、と認識できる程度のリテラシーを獲得します。
彼らが一定のリテラシーを獲得したことにより、姫達はこれまで通りのやり方では、自分達がいいように扱えるオタク男(以下、騎士)を確保する事が困難になりました。


そうした中で姫達が取った対策が、「それまでの姫像から多少離れる」という事なのだと考えられます。


これまで着ていた甘ロリ系の服装を棄て、一般に溶け込まないまでも騎士に対して「自分は騎士ではない」という錯覚を見せられる程度の、前述したようなaxes femme的服装に移行したと考えられます。
勿論、その過程で進化に適応出来ず、騎士を失った旧世代型の姫や、一通りの進化が完了した後に市場に参入したような、旧世代を経験していない姫も多くいる事でしょう。





現在の「オタサーの姫」像は、これまでの時代を生きてきた多くの姫と騎士の犠牲の元成り立っているということを忘れてはいけませんね。





如何でしたでしょうか。

今回文量的に書けなかった部分や、違ったアプローチからのオタサーの姫論についても、また機会があれば本ブログで書いていこうと思います。

ここは違うのではないか、僕/私の観測した姫はこういう人間だった、などの批評がありましたら是非コメント欄へ投稿してください。
大っぴらに公開したくはないが物申したい事がある、という方は、Twitterの@hpsrn1919までDMをお願い致します。

今後も研究を重ねていきますので、どうぞよろしく!